【もう転職後に後悔しない!】勝ち組転職のための5つの必勝ステップ【安全安心】

転職活動は何も考えずにいきなり求人情報を調べるなんてことは避けたい。転職後に再び後悔しないためにはここで紹介する5つのステップを実践しよう。

ステップ1伸びる企業を知る

成長する企業の共通キーワードをつかむ【給料も上がる!】

成長の伸びしろが大きいほど昇給の可能性が高まる

個人能力が高くても企業に利益がなければ、昇給は難しい。肝心なのは企業が今後大きく成長する可能性を秘めているかどうか。既存の商品の運用だけで成長が止まっていたり、市場規模が縮小傾向にあったりする場合は、今後今以上の成果をあげるのは難しくなります。

IoT活用

家電製品やOA機器などさまざまなモノにつながるIoTはすそ野の広さが特徴。タクシーの動画広告や配車機能など身近な生活習慣にまで及びつつあります。

M&A

人材やノウハウ、そして市場シェアなどをまとめて調達出来るのがM&A。買う側としてM&Aを繰り返している企業は企業規模がさらに拡大する可能性があります。

外需獲得

海外展開は今や珍しくないキーワードとなったが今後はその質も問われています。生産拠点としてではなく海外で消費されるサービスや商品が注目されそうだ。

オムニチャネル

消費者が商品やサービスにアクセスする方法は今やテレビCMだけではなくなった。実店舗だけではなくSNSやサポートセンターなどの展開も重要だ。

ステップ2職種別に攻略を習得

処世スキルは職種別に把握する【欲しがるスキルを理解】

同じ職種でも格差あり攻略ポイントを職種別に習得

同じ職種でも個人のスキルによって成果や昇給に大きな差が出ることも珍しくない。つまり採用側からすれば、ツボを押さえた処世スキルを持ち合わせているかが重要。逆に求職者側からすれば採用で重視されるポイントを押さえておけば転職活動はグッとスムーズになります。

営業・企画

処世スキル

  • SNSを利用した営業
  • 炎上商法はNG

根強く残っているとはいえ足で稼ぐ飛び込み営業やテレアポは激減。ITを活用した新しい開拓案や営業企画ができるアイディアマンが求められています。

IT・通信

処世スキル

  • プログラミングはスキルを更新
  • チームマネジメントも重要

技術更新が激しいIT業界は多くのプログラミング言語にたいおうするなど継続学習能力が重要。また細分化した役割分担をまとめるマネジメント経験も重視。

金融・専門職

処世スキル

  • ファンテックなどIT知識も重視
  • スマホから見のサービスに勝機

金融会計知識はもちろん、AIやフィンテックなど最新のサービス動向を把握できているかがポイント。とくにビットコインやスマホ決済は市場拡大に余地大

ステップ3絶対条件を設定する

ブレない転職は絶対条件がキモ!

転職理由こそが自分の優先順位を示す材料

企業選びの前に押さえておきたいのがそもそもなぜ転職するのかということ。転職理由が曖昧だと企業探しの優先順位が定まらずミスマッチに陥りかねない。ネームバリューや給与に縛られない転職を意識。

条件設定の3つのNG

  1. ネームバリューに流されない
  2. 目先の給与額に飛びつかない
  3. 受かりやすさで安易に選ばない

条件にあう企業はココで下調べ・・・【帝国データバンク企業情報】国内最大クラスの企業情報データーベース。独自評価から業績データ、代表者の履歴など企業にまつわる様々な情報が満載だ

ステップ4お宝企業を見つける

ブラック業界のホワイト企業が狙い目!

過酷なイメージが先行して埋もれている優良企業を発見

労働条件が厳しいいわゆるブラック企業と呼ばれる環境でもホワイト企業は存在します。むしろ多くの人材が避けるので他業界や他職種と比べて競争率が低かったり待遇と比べて募集の条件が緩かったりすることも。

ココをチェックホワイト企業は存在する!

  • 人事制度がきちんと整備されている
  • コンプライアンスに厳しい
  • ワークライフバランスに配慮している

ステップ5転職ツールを活用する

最後の仕上げは3種の神器の活用が鍵!

転職サイトだけでは見つからない3つの使い分けで断然差がつく

転職サイトの利用車は多いのは実は法律上年齢制限が書けなかったり業務内容や店員数がわからなかったりと、本当の求人条件がわかりにくい。転職エージェントや企業内部の裏事情もわかる口コミサイトの合わせ技が勝利のコツだ!

転職で成功する人は勝ちの手順を踏んでいる

成功する転職活動は転職サイトでスペックを検索するだけでは到底できない。まず重視すべきは『これから成長する優良企業』かどうか。個人能力が高くても企業が成長していかないければ大きなしょうきゅうや画期的なスキル習得は難しい。IoTやオムニチャネルなど近年注目を浴びているキーワードと絡んでいるかもチェック。

次に大切なのが、職種別に求められているスキルを把握すること。企業が求めるスキルを備えていれば、転職活動で有利に取引できるうえ、その後の出世にも響く。

また企業選びの前提条件として、転職理由をきちんと踏まえておくことも重要。優先順位が明確になれば自分にあった転職先も自ずと見えてくるはず。希望条件に合っていれば、ブラック業界であっても検討の余地はある。自分だけのお宝企業を見つけよう!