求人情報を集めよう

求人情報を集める

いざ求人のを情報収集しようと思っても膨大な情報量があり効率よく情報を集めるのは難しいものです。希望に合う求人をお知らせしてくれるメールサービスや、企業からのオファーなどの便利なツールを活用しましょう。

求人情報を見る

最初からいきなり会社を絞ることは止めましょう!出ないと転職活動はすぐに頓挫(とんざ)します。まずは仕事の内容も含めて希望に沿った求人を見つけ、気になる求人情報を数多く見てみましょう。色々な求人情報を見ることで自分の活かしたい経験や転職の目的、希望や条件などの優先順位をつけておくことで、応募すべき会社が絞り込みやすくなるでしょう。

転職サイトで公開されている求人以外にも非公開の求人が数多くあります。自分ひとりでは出会える求人には限りがあります。キャリアアドバイザーなどに相談することも重要です。

業界の動向を見る

業界動向は非常に重要です。採用動向に大きく影響します。希望する業界や気になる職種があれば、その業界が今どのような状況かも調べましょう。業界の景気や、求人数、ニュースのトピックスなど求人以外のことも注目してみると良いでしょう。

待ち受け型スカウトサービスを活用する

忙しくて中々求人情報を収集できない。そういう方も多いでしょう。そんな時は『待ち受け型』のスカウトサービスを使うと便利です。最近はその傾向が非常に増えています。待ち受け型は『連絡がなかったらどうしよう…』と心配される人もいますが、安心して下さい。大丈夫です。あなたをきちんと生かせれる会社は見ています。

たくさんの求人情報を見ながら、転職の理由や転職する目的『芯』を明確にしよう

まずは気になる求人情報をたくさん見ましょう。そこから自分自身の転職の理由が見えてくることも。気になる理由も考えてみましょう。

企業からのアプローチを通して、自分には向いているかどうか見直し出来ることもあります。え!?この業界から連絡きても知らないんだけど…というスカウトメールもあります。広い視野で転職活動をしてみましょう。それが成功につながるはずです。